摂取量について

カルシウムの摂取量は、不足をすれば骨がもろくなってしまいます。カルシウムの摂取量が減少しやすいのは、魚や乳製品を食べる量が少ない人です。意識的に摂取しなければ不足する可能性が高くなります。カルシウムの不足が原因で発生するのは骨粗しょう症だけでなく、精神がイライラしやすくなることでもあります。イライラを防止するためには、カルシウムの不足を何とかして防がなければなりません。

 

 

ヨーグルトや納豆は、発酵の力によって体に吸収されやすいカルシウムを多く含んでいるのが利点です。魚が苦手な人はヨーグルトを積極的に食べて、消化吸収に優れたカルシウムをしっかりと摂取することが大切です。納豆にはカルシウム以外にもビタミンKも豊富ですから、骨を作る栄養の宝庫です。納豆と一緒に魚料理を食べることは特に素晴らしいことです。

 

 

カルシウムの摂取量が不足しないようにするためには、時にはサプリメントから不足分を補うことも有効です。忙しくて食事が不規則な人にとっては、効率よくカルシウムを摂取することは難しいものです。サプリメントから全てのカルシウムを摂取するのではなく、不足分だけを補うことが大切です。カルシウムの不足さえなくなれば、足腰の健康維持もしやすくなります。

Comments are closed.