酸化型コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10には、主に酸化型と還元型の2種類があります。

パプリカ

前者はそのままでは力を発揮しません。体内に入ったあと、生体エネルギーによって還元型に変換されます。つまり、還元型に変化することによって初めて体内で働くようになるのです。摂取した酸化型コエンザイムQ10がすべて還元型に変わるのであれば問題はありませんが、実際はそううまくいかず、何割かが変換されずに体外へ排出されてしまう可能性があります。この点を考えると、還元型の方がメリットがあるようにも見えます。いわゆる従来型サプリであるため、しばしば還元型の商品と吸収率の比較対象にされたりもします。しかし還元型は価格が高めに設定されているのがデメリットです。その点、酸化型は価格が安価で、しかもポピュラーに普及しているので、選択肢が多いのがメリットです。吸収率が低いとされながらも、メーカー独自の技術や工夫によって高い吸収率を実現しているサプリもたくさんあります。

 

 

さらに、従来型であればこそのノウハウの蓄積があったり、品質管理も徹底していることが多いのです。また、サプリはそもそも摂取する人にとって身体に働く「相性」にも個人差があるものです。お試し用サプリを無料配布、あるいは安価で販売しているメーカーも多いので、どれが自分にピッタリ来るか、飲み比べてみるのがおすすめです。

Comments are closed.