還元型コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10は人間の体にある細胞の一つ一つに存在する補酵素で、健康を保つために必要不可欠なものです。その主な働きは、エネルギー産生と抗酸化です。

 
人は食事から栄養を摂取し、呼吸から酸素を取り入れ、それらを使って細胞内のミトコンドリアで生命維持や活動に必要なエネルギーを作りだしますが、この際に必要なのがコエンザイムQ10です。コエンザイムQ10が不足すると十分にエネルギーが作れなくなり、細胞の機能が低下したり、傷ついた細胞の修復を行うことができなくなってしまいます。その結果、老化や病気につながってしまうのです。

 
抗酸化作用とは、体内で発生する活性酸素を除去する作用のことを言います。人が呼吸によって取り入れた酸素のうち2%は活性酸素となりますが、これは細胞をサビさせ、やはり老化や病気の元となってしまうのです。コエンザイムQ10にはこれを防ぐ働きがあります。

 
こうしたことから医薬品やサプリとしてよく使われているコエンザイムQ10には酸化型と還元型があります。人の体内に元々あるものは還元型で、酸化型の場合は一旦体内で還元してから用いることになります。しかし年齢と共に還元力が落ちてくるため、特に高齢の方には還元型のコエンザイムQ10がおすすめです。

ピーマン01

Comments are closed.