病気予防

アンチエイジングとは若返りになりますので、当然のことながら体の中から綺麗にしていかなくてはなりません。ですのでアンチエイジングを行うことは、それ以外の病気の予防にも繋がっていくこととなります。

 

 

アンチエイジングの方法としては、やはり食生活の改善になります。なぜかといいますと、人間の体は外側も内側も血管を通して栄養素を届けていき、作られています。

 

 

その血管を通して流れていく栄養素は日々の食事によって決まりますので、脂っこい食事や肉中心の食事をしていると血液中のコレステロールが血管で塊ってしまい、動脈硬化の原因となります。

 

 

この動脈硬化は脳疾患や心臓病にも繋がってしまいますので、このような食生活をしていると命にかかわる重大に病気を発症してしまうリスクが高まります。

当然このように不健康な血管をしていると、肌などにも影響が現れてしまいますので、ニキビや肌荒れの原因にも繋がっていきます。

 

 

ですのでビタミンやミネラルが豊富な食生活をしていき、食物繊維が豊富な野菜を摂ることでコレステロールと低下させて、その結果、血管も健康にしてアンチエイジングをすることにも繋がっていきます。要するに美肌など、見た目を良くするには、まずは内側から綺麗にしていく必要があるという事になります。

Comments are closed.