アンチエイジング効果

女性誌などではよく「アンチエイジング」の特集が組まれていたりしますよね。
この言葉は化粧品やサプリメントなどの宣伝文句でもよく目にすることがあります。
しかし、実際にこの言葉の意味を正しく理解している方はとても少ないのが実態でもあり、正しいエイジングケアができていない方もたくさんいらっしゃいます。

 
アンチエイジングとは、いわゆる抗酸化作用のある成分などを体内に取り込み、老化を遅らせるケアのことを指します。
私たちの体は、例えば大量の紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生するようになっています。
この活性酸素はわかりやすく例えるのであれば、「サビ」です。

 
つまりサビが発生することによって、私たちの体やお肌をどんどん老化させることになり、このサビを発生させないために抗酸化作用のある成分を接種することがアンチエイジングなのです。

 
そして、抗酸化作用のある成分として有名なのがビタミンCやビタミンE、アントシアニン、ポリフェノール、アスタキサンチン、コエンザイムQ10などです。
これらの成分は食品などで摂取してももちろん有効ですし、これらの成分が配合された化粧品を利用するのもオススメです。
正しくエイジングケアを理解して、いつまでも若々しい状態をキープしましょう。

Comments are closed.