コエンザイムQ10の基礎知識特集!

コエンザイムQ10は、体内で作られている補酵素のひとつになりビタミンQとも呼ばれています。

 

還元型と酸化型わけることができます。還元型はもともと体内にあるコエンザイムQ10になり、酸化型とは体内にはいってから還元型に変換して効果が発揮されるという性質があります。還元型は体内で変化せずに効果が発揮されるという特徴があります。コエンザイムQ10の効果はさまざまあります。エネルギーを作りだすことによって、疲労回復効果があります。強力な抗酸化作用があるので、体の酸化を防ぐ働きがあります。新陳代謝がよくなって肌のターンオーバーを促すので、古い肌から新しい肌への生まれ変わりを促進させます。このことによってお肌の古い角質などが排出することができて、シミやそばかす・くすみなどを改善させる働きがあります。抗酸化作用で、活性酸素を除去してLDLコレステロールの値を下げる働きがあり生活習慣病を防ぐ効果があります。

 

 

LDLコレステロールの値が高いと血管内にコレステロールが蓄積して、血栓を作ってしまいます。血栓ができると動脈硬化が進んで糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかるリスクが高くなります。その他には関節痛の改善や骨粗鬆症の予防効果もあります。